教会外観写真

牧師紹介  

 

田畑 淳(たばた あつし)

1982年3月24日生まれ、和歌山県和歌山市出身
1993年5月30日 和歌山ルーテル教会にて受洗
2005年3月 聖和大学人文学部キリスト教学科卒業、教師免許(中学・高校、聖書科)取得
2008年3月 神戸ルーテル神学校卒業、神学修士号(M.Div.)取得
同年4月より 近畿福音ルーテル教会伝道実習生
2012年4月より 泉北ルーテル教会副牧師
2013年4月より 泉北ルーテル教会牧師

(エルサレム郊外の公園で)

物心つく頃から演劇をこよなく愛する。
趣味は、舞台&映画鑑賞、読書、物を書くこと、自然を見ること。
好きなテレビ番組は、吉本新喜劇とNHK大河ドラマ。

好きな聖書の言葉

だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。わたしたちの一時の軽い艱難(かんなん)は、比べものにならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます。 わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。(第二コリント4:16-18)

 

ちょっとひとこと

 

牧師 田畑 淳

2016年6月から2017年7月まで、宗教改革500年特別連載「信仰者ルター」を掲載し、マルティン・ルターの生涯を学びました。あれから1年経ち、今号からは新シリーズとしてルターの神学(信仰)を手がかりに私たちの信仰について考える連載を開始します。

連載・ルーテル教会の信仰 「ルター流・聖書の読み方」

ルターは生涯かけて聖書に取り組みました。ルターが聖書を読むことを通して福音を再発見したことが、彼の人生も世界の歴史も変えました。改革運動の中でも、彼はいつも聖書を深く読み続けました。
そんなルターが「聖書の読み方」について書いた文章があります。
ルターはその中で、詩編119編を手掛かりにして「聖書を読むのに必要なのは、祈りと、黙想と、試練である」と言います。彼はこのように書いています。

第一に、「祈り」が必要だ。聖書を読む時には、あなたは自分の考えや理解力に頼ってはならない。むしろ、ひざまずいて神に「主よ、聖霊によって私を導き、理解力を与えてください」「教えてください」と真剣に祈り求めるべきである。
第二に、「黙想」すべきである。聖書の言葉を何度もくり返して読み、口ずさみ、いつも心に留め、じっくり思いめぐらしなさい。一度か二度、聖書を読んだり聞いたりするだけで「もう分かった」と思わないように注意しなさい。そんなことでは、まだ熟さないうちに地に落ちた果物のようになる。
第三に、「試練」が聖書を読むために必要だ。試練(苦しい現実)は、神の言葉(聖書の言葉)が、どれほど正しく、どれほど力強く、どれほど慰めに満ちているかを教えてくれる。

(1539年に出版されたルターの「ドイツ語著作全集」の序文より抜粋)

神様の導きを祈り求めながら聖書を読むこと、じっくり思いめぐらして読み続けること、そして、苦しい現実の中で神の言葉を真剣に聞いて、そこに慰めと励ましを見出していくこと。これがルターの勧める「聖書の読み方」です。

私たちも、神様に「みことばを…理解させてください」「教えてください」と祈り求めつつ聖書を読みましょう(詩編119:26、34、169より)。すぐに「分かった」と思わずに、時間をかけてみことばをいつも思いめぐらしましょう(詩編1:2参照)。
そして、多くの試練がある中で、苦しみや悲しみがある中で、「苦しんでいるこの私に語られている神の言葉」として聖書を読みましょう。
試練の中でこそ、「神の言葉がどれほど力強く、どれほど慰めに満ちているか」を、私たちは知るのです。

「あなた(神)のみことばは、私の道の光、私の歩みを照らすともしび」(詩編119:105)とあるように、暗闇のような現実の中で、みことばこそ私たちを照らす光となります。

(泉北ルーテル教会月報「いずみ」7月号 No.419 より)

教会の庭に咲いたアジサイ

 

教会なんでもQ&A

 

(教会なんでもQ&A)

 

交通・アクセス

huruhata_bus_stop

「古畑」バス停(写真右下)

夕暮れに映える泉北ルーテル教会

 

おさそいとおすすめ

 泉北ルーテル教会は、「キリスト教会」です。

 キリスト教会って何だろう? 教会というと何を思い浮かべますか?

 結婚式をするところ? キリスト教の事をやっているところ?

 勿論それもあります。でもそれだけじゃない。

 教会は、「あなたにとって大切なところ」です。「なんで?」と思ったあなた、教会を訪れてみませんか? 教会にアクセスしてみませんか?

 「え? 私はキリスト教徒じゃないし、教会と縁もゆかりもないけれど、行っていいの?」

 はい、大歓迎です。だって、この教会はあなたの教会でもあるのです。教会には喜びがあります。讃美があります。何より平安があります。

 「交通・アクセス」の欄に、教会の場所・連絡先が載っています。 礼拝や集会は、「当教会の礼拝と集会について」の頁に、日時が書かれています。はじめは、メールや電話をしてみるのも良いかもしれません。教会の扉が開いていない時は、同じ敷地の家の扉をノックしてみてください。

 このホームページを見て、「!?」と思ったあなた。一度教会をのぞいてみませんか?

 教会には、あなたにとって良い知らせ(これを福音と言います)がたくさんありますよ。

(中村聡)