教会外観写真

牧師紹介  

 

田畑 淳(たばた あつし)

1982年3月24日生まれ、和歌山県和歌山市出身
1993年5月30日 和歌山ルーテル教会にて受洗
2005年3月 聖和大学人文学部キリスト教学科卒業、教師免許(中学・高校、聖書科)取得
2008年3月 神戸ルーテル神学校卒業、神学修士号(M.Div.)取得
同年4月より 近畿福音ルーテル教会伝道実習生
2012年4月より 泉北ルーテル教会副牧師
2013年4月より 泉北ルーテル教会牧師

(エルサレム郊外の公園で)

物心つく頃から演劇をこよなく愛する。
趣味は、舞台&映画鑑賞、読書、物を書くこと、自然を見ること。
好きなテレビ番組は、吉本新喜劇とNHK大河ドラマ。

好きな聖書の言葉

だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。わたしたちの一時の軽い艱難(かんなん)は、比べものにならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます。 わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。(第二コリント4:16-18)

 

ちょっとひとこと

 

「信仰者ルター」~宗教改革500年記念連載~ 

※今年はマルティン・ルターの宗教改革開始から500年目です。)

牧師 田畑 淳

第9話:教会と社会と家庭が変わる

マルティン・ルターは「宗教改革者」と呼ばれます。しかし、「宗教改革」は英語では単に「改革」(リフォーメーション)といいます。ルターの改革は「宗教」だけではなく、もっと幅広い分野にわたるからです。今回は、ルターの改革の内容を簡単に見ていきましょう。

まずは「礼拝の改革」です。
当時の教会の礼拝はすべてラテン語で行われていました。ドイツ人の民衆は、礼拝の間、自分たちには分からない言葉を最初から最後まで聞いているだけだったのです。ルターは、ドイツ語の讃美歌をたくさん作り、「歌うこと」で人々が礼拝に参加できるようにしました。「礼拝で、集まった人々がみんなで讃美歌を歌う」という今では当たり前のことを定着させたのは、ルターだったのです
ルターの作った讃美歌は、罪の赦しの福音や信仰の喜びを、生き生きと歌うものでした。讃美歌を覚えて歌うことが、当時の人々の信仰の養いになったことでしょう。
ところで、当時のカトリック教会は、礼拝を「人間から神様へ、犠牲をおささげすること」と考えていました。しかしルターは、教会の礼拝式を「神の奉仕」と呼びました。「礼拝とは、何の良いものもない罪人の私たちに、神様が奉仕してくださるものだ。礼拝において、神がみことばと聖餐によって、私たちを慰め、力づけ、信仰を養ってくださる」と考えたのです。
そのような理解を徹底させるように、ルターはドイツ語の礼拝式文を整えていきました。説教も、福音(良い知らせ)が分かりやすく伝わるように自分たちの国の言葉で語られるようになりました。ルターが教会に対して行った改革は、「神のみことばが一人一人の心に届くための改革」だったのです。

また、ルターは「教育の改革」も行いました。
当時、一般家庭の子どもは、学校に通えませんでした。そんな中、ルターは子どもたちが学校に通えるように、ドイツ全土の都市にキリスト教主義の公立学校を設立するよう働きかけました。子どもたちが教育を受けることで、より良い社会を実現できると考えたからです。
学校教育だけでなく、ルターは家庭での信仰教育も大切に考えていました。そのために彼が書いたのが「小教理問答」(1529年)です。これはクリスチャンの家庭で、家長が家族に、十戒・使徒信条・主の祈り・洗礼・ざんげ・聖餐などをわかりやすく教えるための本です。

このようにして「家庭」や「教育」や「教会」のあり方を変えていくことで、人々の生活が改革され、社会が改善されることをルターは目指したのです。
ルターは、社会的な職業について、当時としては革新的な考えを持っていました。
カトリック教会では、「神に仕える司祭だけが聖なる仕事」だと考えられていました。
しかしルターは、「牧師も、信徒も、神様に召されて仕事を与えられている。すべてのクリスチャンは、それぞれ家庭や職場で、神様と隣人のために奉仕する『祭司』なのだ」と主張しました。これは「全信徒祭司」(全受洗者祭司)と呼ばれる考え方です。
聖書もこのように語っています。
「あなたがた(すべてのクリスチャン)は…王の系統を引く祭司、聖なる国民、神のものとなった民です。それは、あなたがたを暗闇の中から驚くべき光の中へと招き入れてくださった方の力ある業を、あなたがたが広く伝えるためなのです」(第一ペトロ2:9)

「日常生活も神様が与えてくださった務め」と考えたルターは、自分も家庭を持ちました。ルターは1525年に、元修道女のカタリーナと結婚しました。二人はたくさんの子どもに恵まれ、幸せな家庭を築いてゆきました。しかしそんなルター夫妻を、やがて悲劇が襲うのです。この続きは、次号でお話ししましょう。

絵:説教するルター。ルターは左手を聖書に置き、右手で十字架のキリストを指し示している

(泉北ルーテル教会月報「いずみ」3月号 No.405 より)

 

教会なんでもQ&A

 

(教会なんでもQ&A)

 

交通・アクセス

huruhata_bus_stop

「古畑」バス停(写真右下)

夕暮れに映える泉北ルーテル教会

 

おさそいとおすすめ

 泉北ルーテル教会は、「キリスト教会」です。

 キリスト教会って何だろう? 教会というと何を思い浮かべますか?

 結婚式をするところ? キリスト教の事をやっているところ?

 勿論それもあります。でもそれだけじゃない。

 教会は、「あなたにとって大切なところ」です。「なんで?」と思ったあなた、教会を訪れてみませんか? 教会にアクセスしてみませんか?

 「え? 私はキリスト教徒じゃないし、教会と縁もゆかりもないけれど、行っていいの?」

 はい、大歓迎です。だって、この教会はあなたの教会でもあるのです。教会には喜びがあります。讃美があります。何より平安があります。

 「交通・アクセス」の欄に、教会の場所・連絡先が載っています。 礼拝や集会は、「当教会の礼拝と集会について」の頁に、日時が書かれています。はじめは、メールや電話をしてみるのも良いかもしれません。教会の扉が開いていない時は、同じ敷地の家の扉をノックしてみてください。

 このホームページを見て、「!?」と思ったあなた。一度教会をのぞいてみませんか?

 教会には、あなたにとって良い知らせ(これを福音と言います)がたくさんありますよ。

(中村聡)