教会外観写真

牧師紹介  

 

田畑 淳(たばた あつし)

1982年3月24日生まれ、和歌山県和歌山市出身
1993年5月30日 和歌山ルーテル教会にて受洗
2005年3月 聖和大学人文学部キリスト教学科卒業、教師免許(中学・高校、聖書科)取得
2008年3月 神戸ルーテル神学校卒業、神学修士号(M.Div.)取得
同年4月より 近畿福音ルーテル教会伝道実習生
2012年4月より 泉北ルーテル教会副牧師
2013年4月より 泉北ルーテル教会牧師

(エルサレム郊外の公園で)

物心つく頃から演劇をこよなく愛する。
趣味は、舞台&映画鑑賞、読書、物を書くこと、自然を見ること。
好きなテレビ番組は、吉本新喜劇とNHK大河ドラマ。

好きな聖書の言葉

だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。わたしたちの一時の軽い艱難(かんなん)は、比べものにならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます。 わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。(第二コリント4:16-18)

 

ちょっとひとこと

 

「信仰者ルター」~宗教改革500年記念連載~ 

※今年はマルティン・ルターの宗教改革開始から500年目です。)

牧師 田畑 淳

12話:弱さと限界の中で

 私たちルーテル教会に属する者は、マルティン・ルターが示した信仰のあり方に学ぶことが大切だと思います。しかし、同時に「ルターを絶対化してはいけない」とも思うのです。ルターは聖人君子ではありません。弱く、欠け多き人間でした。
これはルター本人も認めていることですが、彼の性格上の問題は「怒りを抑えることができない」ということと、「言葉の激しさ」でした。
 1524年から1525年にかけて、ドイツで「農民戦争」という大きな出来事が起こりました。南ドイツの農民たちが、自分たちを圧迫してきた領主たちに対して武装蜂起したのです。
その時、ルターは農民軍と領主たちの間に立って調停役を務め、なんとかして衝突を回避しようとしました。「実力行使に出てはならない」と農民軍を説き伏せつつ、領主たちにも「農民たちの言い分も聞くように」と勧めたのです。
 しかし、農民たちが聞く耳を持たないのを見ると、ルターは態度を変え、最後の手段に出ます。領主たちに「暴動を鎮圧せよ。平和を守るために、暴徒たちと戦え」と呼びかけたのです。ルターの「お墨付き」を得たと考えた領主たちは、農民軍を徹底的に壊滅させました。10万人に及ぶ農民が命を落としたといいます。
 また、ルターはユダヤ人に対しても差別的な発言をしたことがあります。ルターはもともとユダヤ人に好意的でしたが、晩年になると、福音を受け入れようとしないユダヤ人に対してひどく失望し、ユダヤ人を激しく批判する本を出版しました。残念なことに、その著作はそれから400年後、ナチスの反ユダヤ主義政策に利用されてしまったのです。
 聖書には次のような言葉があります。
どんなに小さな火でも、大きい森を燃やしてしまう。舌は火です
舌を制御できる人は一人もいません (ヤコブの手紙3:5~6、8より)
 ルターも舌を制御することができず、彼の言葉は、小さな火が森全体に燃え広がっていくように恐ろしい結果を生んだのです。この点では、私たちはルターを反面教師にしなくてはなりません。言葉には恐ろしい力があることを心に留めなければなりません。

 欠点だけではなく、ルターには体の弱さもありました。長年、改革者として、また牧師、教育者として激務に励んできたルターでしたが、年を重ねるごとに心身共に疲れ果てていったようです。彼は、頭痛、めまい、耳鳴り、心臓発作、うつ病など、多くの病を経験し、非常に苦しみました。
そのような中で、ルターは旧約聖書の詩編46編をもとにして1曲の歌を作ります。それが有名な讃美歌「力なる神は、わが強きやぐら」(神はわがやぐら)です。この讃美歌の中で、ルターは次のように歌っています。
 「神様こそ、私たちを守る砦だ。神は私たちを苦しみと悲しみから助け出してくださる」
 「私たちの力は無に等しいけれど、弱い私たちの代わりに戦ってくださる方がいる。その名はイエス・キリスト、万軍の主、神ご自身である方だ」
 この歌には、心と体を病んだルターが何を頼りにしていたかが、よく表れています。
 マルティン・ルターにも、人間としての限界と、欠点と、弱さがありました。しかし彼は、弱さと限界の中で、それでも神を見上げたのです。「神はわたしたちの避けどころ、わたしたちの砦。苦難のとき、必ずそこにいまして助けてくださる」と信じたのです(詩編46:2)。ルターは人生の最期の時まで、そのような信仰に生きました。 いよいよ次回は最終回。死を前にしたルターの姿に迫ります。

 

(泉北ルーテル教会月報「いずみ」6月号 No.408 より)

 

教会なんでもQ&A

 

(教会なんでもQ&A)

 

交通・アクセス

huruhata_bus_stop

「古畑」バス停(写真右下)

夕暮れに映える泉北ルーテル教会

 

おさそいとおすすめ

 泉北ルーテル教会は、「キリスト教会」です。

 キリスト教会って何だろう? 教会というと何を思い浮かべますか?

 結婚式をするところ? キリスト教の事をやっているところ?

 勿論それもあります。でもそれだけじゃない。

 教会は、「あなたにとって大切なところ」です。「なんで?」と思ったあなた、教会を訪れてみませんか? 教会にアクセスしてみませんか?

 「え? 私はキリスト教徒じゃないし、教会と縁もゆかりもないけれど、行っていいの?」

 はい、大歓迎です。だって、この教会はあなたの教会でもあるのです。教会には喜びがあります。讃美があります。何より平安があります。

 「交通・アクセス」の欄に、教会の場所・連絡先が載っています。 礼拝や集会は、「当教会の礼拝と集会について」の頁に、日時が書かれています。はじめは、メールや電話をしてみるのも良いかもしれません。教会の扉が開いていない時は、同じ敷地の家の扉をノックしてみてください。

 このホームページを見て、「!?」と思ったあなた。一度教会をのぞいてみませんか?

 教会には、あなたにとって良い知らせ(これを福音と言います)がたくさんありますよ。

(中村聡)