教会外観写真

牧師紹介  

 

田畑 淳(たばた あつし)

1982年3月24日生まれ、和歌山県和歌山市出身
1993年5月30日 和歌山ルーテル教会にて受洗
2005年3月 聖和大学人文学部キリスト教学科卒業、教師免許(中学・高校、聖書科)取得
2008年3月 神戸ルーテル神学校卒業、神学修士号(M.Div.)取得
同年4月より 近畿福音ルーテル教会伝道実習生
2012年4月より 泉北ルーテル教会副牧師
2013年4月より 泉北ルーテル教会牧師

(エルサレム郊外の公園で)

物心つく頃から演劇をこよなく愛する。
趣味は、舞台&映画鑑賞、読書、物を書くこと、自然を見ること。
好きなテレビ番組は、吉本新喜劇とNHK大河ドラマ。

好きな聖書の言葉

だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。わたしたちの一時の軽い艱難(かんなん)は、比べものにならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます。 わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。(第二コリント4:16-18)

 

ちょっとひとこと

 

「信仰者ルター」~宗教改革500年記念連載~ 

※今年はマルティン・ルターの宗教改革開始から500年目です。)

牧師 田畑 淳

最終話:恵みの神を見上げて

 ルターが始めた改革は次第にヨーロッパ各地に広がっていきます。改革の側に立つ者たちは、皮肉を込めて「プロテスタント」(抗議ばかりする人々)と呼ばれるようになりました。
1546年、62歳になったルターは、地方の君主の家で起きていた紛争を調停するために、アイスレーベンという町に赴きます。病を押しての命がけの旅でした。
アイスレーベンはルターの生まれた町でもあります。62年前、両親が旅の途中でたまたま立ち寄ったこの町の宿屋で彼は生まれたのでした。
アイスレーベンへの旅の途中、ルターは妻カタリーナと何度も手紙のやり取りをします。こんな手紙も残っています。
「敬虔な心配性の貴婦人、私の愛する妻カタリーナへ。きみは夜も眠れないほど心配しているらしいね。あまり心配せずに、祈っていてくれ。神様がきみを守ってくださるように!そして、主がおゆるしくださるならば、早く家路に着くことができますように」
しかし、彼が家路につくことはありませんでした。胸の病を患っていたルターは、奇しくも自分が生まれた町で死を迎えることになったのです。
1546年2月18日の午前3時、マルティン・ルターはアイスレーベンでその生涯を閉じました。彼が亡くなった部屋の机には、一枚の紙が置かれていました。それは死の二日前にルターが書いたと思われるものでした。そこには、このような言葉が記されていました。
「100年間、教会を導いたのでなければ、聖書を十分に味わったとは言えまい」
わたしたちは(神様の前には)乞食(こつじき)である。これは、まことだ
この場合の乞食(こつじき)とは、托鉢僧(たくはつそう)のように、物乞いをして歩く修道士のことです。ルターは修道院にいた頃、托鉢をした経験がありました。そのことを思い出しながら「私たちは、神様の前では、何も持っていない者なのだ」と言っているのです。
言い換えれば、「すべては、神様の恵みだ」ということです。
「自分には何ひとつ良いものはないけれど、誇るべきところは何もないけれど、それでも、神様がこんな私にすばらしい恵みを与えてくださった」…死を前にしたルターは、そう思っていたのでしょう。
ルターは昔、修道院に入った頃、「私はどのようにすれば、恵みの神を得ることができるだろうか?」と悩んでいました(第1話参照)。
「恵みの神」を求めて修道士になったルターは、聖書を通してその神と出会い、そして、最期の時まで、「恵みの神」に信頼し、自分のすべてをかけていたのです。

「信仰」という字は「信じて、仰ぐ(見上げる)」と書きます。マルティン・ルターという人は、まさにこの言葉を体現した一人の信仰者でした。彼は、人間としての弱さや限界の中でもがき苦しみながらも、そこから「恵みの神」を見上げて、ひたすら「恵みの神」に信頼して、最後まで歩み続けたのです。そのように私たちも「この私に、どこまでも恵み深くいてくださる神様」に、最後の最後までおすがりして歩みましょう。

(6月11日に泉北ルーテル教会で上演した人形劇「マルティン・ルター わたしはここに立つ」の一場面)

(泉北ルーテル教会月報「いずみ」7・8月号 No.408 より)

教会なんでもQ&A

 

(教会なんでもQ&A)

 

交通・アクセス

huruhata_bus_stop

「古畑」バス停(写真右下)

夕暮れに映える泉北ルーテル教会

 

おさそいとおすすめ

 泉北ルーテル教会は、「キリスト教会」です。

 キリスト教会って何だろう? 教会というと何を思い浮かべますか?

 結婚式をするところ? キリスト教の事をやっているところ?

 勿論それもあります。でもそれだけじゃない。

 教会は、「あなたにとって大切なところ」です。「なんで?」と思ったあなた、教会を訪れてみませんか? 教会にアクセスしてみませんか?

 「え? 私はキリスト教徒じゃないし、教会と縁もゆかりもないけれど、行っていいの?」

 はい、大歓迎です。だって、この教会はあなたの教会でもあるのです。教会には喜びがあります。讃美があります。何より平安があります。

 「交通・アクセス」の欄に、教会の場所・連絡先が載っています。 礼拝や集会は、「当教会の礼拝と集会について」の頁に、日時が書かれています。はじめは、メールや電話をしてみるのも良いかもしれません。教会の扉が開いていない時は、同じ敷地の家の扉をノックしてみてください。

 このホームページを見て、「!?」と思ったあなた。一度教会をのぞいてみませんか?

 教会には、あなたにとって良い知らせ(これを福音と言います)がたくさんありますよ。

(中村聡)