教会外観写真

牧師紹介  

 

田畑 淳(たばた あつし)

1982年3月24日生まれ、和歌山県和歌山市出身
1993年5月30日 和歌山ルーテル教会にて受洗
2005年3月 聖和大学人文学部キリスト教学科卒業、教師免許(中学・高校、聖書科)取得
2008年3月 神戸ルーテル神学校卒業、神学修士号(M.Div.)取得
同年4月より 近畿福音ルーテル教会伝道実習生
2012年4月より 泉北ルーテル教会副牧師
2013年4月より 泉北ルーテル教会牧師

(エルサレム郊外の公園で)

物心つく頃から演劇をこよなく愛する。
趣味は、舞台&映画鑑賞、読書、物を書くこと、自然を見ること。
好きなテレビ番組は、吉本新喜劇とNHK大河ドラマ。

好きな聖書の言葉

だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。わたしたちの一時の軽い艱難(かんなん)は、比べものにならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます。 わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。(第二コリント4:16-18)

 

ちょっとひとこと

 

連載・ルーテル教会の信仰 「義人にして同時に罪人」

牧師 田畑 淳

前回、私たちの信仰の中心である「信仰義認」について学びました。
「神は…信仰によって(私たちを)義としてくださる」(ローマ3章30節)のですが、しかし、私たちの中から「罪」がなくなるわけではありません。この世にある限り、私たちはずっと不完全で、罪はずっと私たちの中にあり続けます。
それにもかかわらず、「神が私たちを義とされた」ことは変わらないのです。
ルターは次のように語りました。
聖徒(クリスチャン)は、自分自身の目には、常に罪人であるが、神の目には、常に義とされている。私たちは、自分の行いによって『正しい人』になるのではなく、ただ、神が『義』とみなしてくださるから『義人』なのである。私たちは、自分自身を見れば、常に正しくない者である」(ローマ書講義)
(神に)義とされた者もなお、皆、罪人であるが、しかし同時に、神の赦しと憐れみによって、まったく完全に義人であるかのようにみなされている」(義認についての討論)
「自分自身の目には常に罪人」。鋭い言葉です。それが私たちの実感ではないでしょうか。
「自分はクリスチャンなのにどうして…」と悩んでいる私たち。しかし、そんな私たちを、神様は、イエス様の十字架のゆえに、義人(罪のない人)と見てくださっているのです。

ルーテル教会では、クリスチャンは「義人にして同時に罪人」である、と言われます。
「50%罪人、50%義人」なのではありません。
自分の目には100%罪人であり、同時に、神の目には100%義人とされているのです。
しかしそれは、「もう悔い改めなくていい。罪の生活を続けてもいい」という意味ではありません。むしろ、「悔い改めは死ぬまで続く」のであり、「私たちは生涯、自分の罪と戦う」のです(ルター著「シュマルカルデン条項」より)。
また、神様はその戦いを助けるためのものを、すでに備えてくださいました。
「私たちは相変わらず罪人だ。だから、私たちがこの世に生きる限り、みことばと、聖餐によって、ひたすら罪の赦しが与えられて、私たちが慰められ、励まされるように神はしてくださった」(ルター著「大教理問答」より)
礼拝で、神がみことばと聖餐によって、私たちに罪の赦しを与え、慰め、励ましてくださる…だからこそ、私たちは、毎週の礼拝を大切にするのです。
もし私たちがもう「完全」になったなら、毎週の礼拝は必要ありません。そうではなく、生きる限り不完全であり、相変わらず罪人だからこそ、礼拝が必要なのです。

ルターはこうも語りました。
「信仰を持った人々にあっても、あなたをつまずかせるものをたくさんあなたは見るだろう。彼らが堕落したり、信仰が弱かったり、憤り、妬み、その他の悪い思いに悩まされたりしているのを見ることだろう。私が、自分自身や、隣人の姿に注目するなら、教会は決してきよくはない。しかし、罪を贖う方であるキリストに注目するなら、教会は完全にきよい(罪がない)」(ガラテヤ書講義、3章13節の解説)
教会は「義人にして同時に罪人」の集まりです。現実の教会の中にも罪があり、弱さがあり、傷つくことも起こるのです。
それにもかかわらず、「教会にしかないものがある」ということも確かです。「罪を贖う方であるキリスト」、その方のもとにある赦しと希望が、キリストの教会には確かにあるのです。

聖書は、人間の罪の現実を鋭く見据えつつも、決して絶望せず、「罪を贖う方であるキリスト」にある希望をいつも示すのです。

(泉北ルーテル教会月報「いずみ」4月号 No.427 より)

 

教会なんでもQ&A

 

(教会なんでもQ&A)

 

交通・アクセス

huruhata_bus_stop

「古畑」バス停(写真右下)

夕暮れに映える泉北ルーテル教会

 

おさそいとおすすめ

 泉北ルーテル教会は、「キリスト教会」です。

 キリスト教会って何だろう? 教会というと何を思い浮かべますか?

 結婚式をするところ? キリスト教の事をやっているところ?

 勿論それもあります。でもそれだけじゃない。

 教会は、「あなたにとって大切なところ」です。「なんで?」と思ったあなた、教会を訪れてみませんか? 教会にアクセスしてみませんか?

 「え? 私はキリスト教徒じゃないし、教会と縁もゆかりもないけれど、行っていいの?」

 はい、大歓迎です。だって、この教会はあなたの教会でもあるのです。教会には喜びがあります。讃美があります。何より平安があります。

 「交通・アクセス」の欄に、教会の場所・連絡先が載っています。 礼拝や集会は、「当教会の礼拝と集会について」の頁に、日時が書かれています。はじめは、メールや電話をしてみるのも良いかもしれません。教会の扉が開いていない時は、同じ敷地の家の扉をノックしてみてください。

 このホームページを見て、「!?」と思ったあなた。一度教会をのぞいてみませんか?

 教会には、あなたにとって良い知らせ(これを福音と言います)がたくさんありますよ。

(中村聡)