教会外観写真

牧師紹介  

 

田畑 淳(たばた あつし)

1982年3月24日生まれ、和歌山県和歌山市出身
1993年5月30日 和歌山ルーテル教会にて受洗
2005年3月 聖和大学人文学部キリスト教学科卒業、教師免許(中学・高校、聖書科)取得
2008年3月 神戸ルーテル神学校卒業、神学修士号(M.Div.)取得
同年4月より 近畿福音ルーテル教会伝道実習生
2012年4月より 泉北ルーテル教会副牧師
2013年4月より 泉北ルーテル教会牧師

(エルサレム郊外の公園で)

物心つく頃から演劇をこよなく愛する。
趣味は、舞台&映画鑑賞、読書、物を書くこと、自然を見ること。
好きなテレビ番組は、吉本新喜劇とNHK大河ドラマ。

好きな聖書の言葉

だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。わたしたちの一時の軽い艱難(かんなん)は、比べものにならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます。 わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。(第二コリント4:16-18)

 

ちょっとひとこと

 

「信仰者ルター」~宗教改革500年記念連載~ 

※今年はマルティン・ルターの宗教改革開始から500年目です。)

牧師 田畑 淳

10話:愛娘の死

マルティン・ルターは1525年に、元修道女のカタリーナと結婚しました。
ルターとカタリーナは6人もの子どもに恵まれ、幸せな家庭を築いてゆきました。しかし、6人の子どもの内、次女は1歳にもならない時に、長女は13歳で病死しています。
長女マグダレーナの臨終について、詳細な記録が残っています。それによると、彼女が臨終の苦しみにある時、ルターはベッドの前にひざまずき、激しく泣き、こう祈っていたそうです。「神様、みこころなら、どうか娘をお救いください」
しかし、その祈りもむなしく、マグダレーナはルターの腕の中で息を引き取ったのです。
母親のカタリーナも同じ部屋にいましたが、悲しみのあまり、娘が横たわるベッドから離れた所に立ち尽くしていたそうです。マルティン・ルターが58歳の時の出来事でした。この出来事が、ルター夫妻をどれほど打ちのめしたでしょうか。
それから3年後、ルターはある人に宛てた手紙の中でこう記しています。
「私は今もなお、娘の死を悲しんでいます。忘れることができません。それでも、私は、彼女が天国にいて、永遠の命を与えられていると信じています
また、それと近い時期にルターがした説教の中にも、次のような言葉があります。
「キリストこそ私の慰めである。主は、私のために死から復活なさって、生きておられる。私はこれを慰めとする」(新約聖書・第一コリント15章からの連続説教より)
身を引き裂かれるほどの悲しみの中で、ルターを支えたのは、復活の信仰でした。
「死から復活された主イエス・キリストが、今も生きておられて、信じる者に新しい命を与えてくださる。先立って行った娘も、主の御手の中にいる。天でイエス様と共にいる」と彼は信じたのです。イエス様による救いの約束、天国の約束が、悲しみの中でも確かに彼の慰めとなっていたのです。

聖書にはこのような言葉があります。
「キリストが復活しなかったのなら、あなたがたの信仰はむなしく、あなたがたは、今もなお罪の中にあることになります。そうだとすると、キリストを信じて眠りについた人々も滅んでしまったわけです。…しかし、実際、キリストは死者の中から復活し、眠りについた人たちの初穂となられました」(第一コリント15:17~20より)
主イエスの十字架は私たちの罪の赦しのため、そして復活は、私たちに新しい命の希望を与えるためでした。
主イエスご自身も、こう言われました。
「わたしを信じる者は、死んでも生きる」(ヨハネ11:25)
「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい。わたしの父の家には、住む所がたくさんある。…あなたがたのために場所を用意しに行く」(同14:1~2)
死の向こうにも主イエスがいてくださり、「私たちのための場所」を用意していてくださるのだから、恐れることはないのです。

さて次回は、マルティン・ルターの妻、カタリーナに焦点を当ててお話しいたしましょう。この人がいないと、ルターの後半生の活躍はなかったでしょうから。

絵:家族と一緒に讃美歌を歌うルター

(泉北ルーテル教会月報「いずみ」4月号 No.406 より)

 

教会なんでもQ&A

 

(教会なんでもQ&A)

 

交通・アクセス

huruhata_bus_stop

「古畑」バス停(写真右下)

夕暮れに映える泉北ルーテル教会

 

おさそいとおすすめ

 泉北ルーテル教会は、「キリスト教会」です。

 キリスト教会って何だろう? 教会というと何を思い浮かべますか?

 結婚式をするところ? キリスト教の事をやっているところ?

 勿論それもあります。でもそれだけじゃない。

 教会は、「あなたにとって大切なところ」です。「なんで?」と思ったあなた、教会を訪れてみませんか? 教会にアクセスしてみませんか?

 「え? 私はキリスト教徒じゃないし、教会と縁もゆかりもないけれど、行っていいの?」

 はい、大歓迎です。だって、この教会はあなたの教会でもあるのです。教会には喜びがあります。讃美があります。何より平安があります。

 「交通・アクセス」の欄に、教会の場所・連絡先が載っています。 礼拝や集会は、「当教会の礼拝と集会について」の頁に、日時が書かれています。はじめは、メールや電話をしてみるのも良いかもしれません。教会の扉が開いていない時は、同じ敷地の家の扉をノックしてみてください。

 このホームページを見て、「!?」と思ったあなた。一度教会をのぞいてみませんか?

 教会には、あなたにとって良い知らせ(これを福音と言います)がたくさんありますよ。

(中村聡)