教会外観写真

牧師紹介  

 

田畑 淳(たばた あつし)

1982年3月24日生まれ、和歌山県和歌山市出身
1993年5月30日 和歌山ルーテル教会にて受洗
2005年3月 聖和大学人文学部キリスト教学科卒業、教師免許(中学・高校、聖書科)取得
2008年3月 神戸ルーテル神学校卒業、神学修士号(M.Div.)取得
同年4月より 近畿福音ルーテル教会伝道実習生
2012年4月より 泉北ルーテル教会副牧師
2013年4月より 泉北ルーテル教会牧師

(エルサレム郊外の公園で)

物心つく頃から演劇をこよなく愛する。
趣味は、舞台&映画鑑賞、読書、物を書くこと、自然を見ること。
好きなテレビ番組は、吉本新喜劇とNHK大河ドラマ。

好きな聖書の言葉

だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。わたしたちの一時の軽い艱難(かんなん)は、比べものにならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます。 わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。(第二コリント4:16-18)

 

ちょっとひとこと

7月2日(土)に近畿福音ルーテル教会本部のセミナールームにて、神戸ルーテル神学校教授の橋本昭夫先生によるセミナーが行われました。その内容のごく一部をご紹介します。

牧師 田畑 淳

「宗教改革500年の意義」 (橋本昭夫先生の講義のプリントより)

 500年前の宗教改革によって、聖書の福音がもう一度明らかになりました。
福音とは、父なる神が、御子を私たちの罪の償いのために十字架につけ、御子のまったき「義」を、「私たちの義」としてくださったという喜びのメッセージです。私たちは、御子における神のご愛に心を打たれ、ただそれに頼り、信じることによって神のみ前に「よし」(義)とされます。ルターが語った「信仰義認」とはそのことを言っているのです。
私たちの現実のどこにも、聖なる神様に認められる正しさはありません。「主よ、あなたが罪をすべて心に留められるなら、主よ、誰が耐ええましょう」(詩編130:3)と言わざるを得ないのが私たちです。しかし私たちは、主イエス・キリストにあって、ゆるし・救いが備えられていることを知り、信じるのです。

この「私たちは信仰によって義とされている」ということが、いつの間にか「当たり前」になり、驚きも感動も失い、福音が与えるはずの慰め、励まし、希望を失ってしまってはいないでしょうか?
宗教改革から500年目の今年、私たちは「罪と何のかかわりもない方(イエス・キリスト)を、神はわたしたちのために罪となさり…わたしたちはその方によって、神の義を得ることができた」(第二コリント5:21)ということを、日々、心に刻み、思いを新たにするべきです。そして、自分に与えられた大きな恵みのゆえに神様を讃美するべきです。

ルーテル世界連盟は今年の標語として「神の恵みによって自由にされた」(Liberated by God’s Grace)という言葉を掲げています。私たちは主イエス・キリストの十字架と復活によって、罪と死と悪魔の支配から自由にされました。「神が共にいてくださる」との約束によって、恐れからも自由になりました。さらに私たちは、自分への「こだわり」、自分への拘泥からも解放されるのです。神がこの私を「よし」(義)としてくださったと信じるなら、もはや自分を「よし」としなければならない脅迫観念から解放されるのです。

人が自慢をし、「自分を見てほしい」と思うのは、自分が「よし」とされているという実感がないからでしょう。しかし、神様が私たちを「よし」としてくださったのだから、私たちは自分で自分を評価することから解放されているのです。
神に私たちのすべてを引き受けて頂いたので、私たちの心は自分ではなく、隣人に向いていきます。「神の恵みによって自由にされた」私たちは、自分をなんとか価値あるものにしようとする不毛な思いから解放されて、隣人への奉仕、愛の行いをすることができるのです。
このことを伝えたルターは、500年を経てなお語り続けています。いや、ルターその人ではなく、ルターが証しした恵みあふれる神ご自身が彼を通して語っておられるのです。だから、福音、信仰のみによる救いの良き知らせは、常に新しい神からのメッセージなのです。

(泉北ルーテル教会月報「いずみ」9月号 No.409 より)

教会なんでもQ&A

 

(教会なんでもQ&A)

 

交通・アクセス

huruhata_bus_stop

「古畑」バス停(写真右下)

夕暮れに映える泉北ルーテル教会

 

おさそいとおすすめ

 泉北ルーテル教会は、「キリスト教会」です。

 キリスト教会って何だろう? 教会というと何を思い浮かべますか?

 結婚式をするところ? キリスト教の事をやっているところ?

 勿論それもあります。でもそれだけじゃない。

 教会は、「あなたにとって大切なところ」です。「なんで?」と思ったあなた、教会を訪れてみませんか? 教会にアクセスしてみませんか?

 「え? 私はキリスト教徒じゃないし、教会と縁もゆかりもないけれど、行っていいの?」

 はい、大歓迎です。だって、この教会はあなたの教会でもあるのです。教会には喜びがあります。讃美があります。何より平安があります。

 「交通・アクセス」の欄に、教会の場所・連絡先が載っています。 礼拝や集会は、「当教会の礼拝と集会について」の頁に、日時が書かれています。はじめは、メールや電話をしてみるのも良いかもしれません。教会の扉が開いていない時は、同じ敷地の家の扉をノックしてみてください。

 このホームページを見て、「!?」と思ったあなた。一度教会をのぞいてみませんか?

 教会には、あなたにとって良い知らせ(これを福音と言います)がたくさんありますよ。

(中村聡)