教会外観写真

牧師紹介  

 

田畑 淳(たばた あつし)

1982年3月24日生まれ、和歌山県和歌山市出身
1993年5月30日 和歌山ルーテル教会にて受洗
2005年3月 聖和大学人文学部キリスト教学科卒業、教師免許(中学・高校、聖書科)取得
2008年3月 神戸ルーテル神学校卒業、神学修士号(M.Div.)取得
同年4月より 近畿福音ルーテル教会伝道実習生
2012年4月より 泉北ルーテル教会副牧師
2013年4月より 泉北ルーテル教会牧師

(エルサレム郊外の公園で)

物心つく頃から演劇をこよなく愛する。
趣味は、舞台&映画鑑賞、読書、物を書くこと、自然を見ること。
好きなテレビ番組は、吉本新喜劇とNHK大河ドラマ。

好きな聖書の言葉

だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。わたしたちの一時の軽い艱難(かんなん)は、比べものにならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます。 わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。(第二コリント4:16-18)

 

ちょっとひとこと

 

「責任逃れをするよりも」

※ 2020年4月5日の説教より

牧師 田畑 淳

イエス様が十字架につけられる前の出来事です。
イエス様は当時のユダヤの指導者たちによって捕らえられた後、ユダヤの国を治めるローマ帝国の総督ポンティオ・ピラトのもとで裁判を受けました。
ピラトはイエス様が何の罪も犯していないことを知り、釈放しようとします。
しかし、指導者たちの息のかかった人々が集まって来て、大声で「イエスを十字架につけろ!」と彼に要求したのです。
ピラトは「このままでは暴動になる。暴動が起きれば厄介だ。それならこの男を処刑してしまったほうが良い」と考えて、イエス様に死刑の判決を下しました。

その時、ピラトは家来に水を持って来させ、わざわざ群衆の前で手を洗ってこう言うのです。
「この人(イエス)の血について、私には責任がない。おまえたちの問題だ」(マタイによる福音書27章24節)
本当に「責任はない」のでしょうか?
どんな理由があったにせよ、結局は、ピラトが無実の人を死刑にしたことに変わりはありません。
彼がどんなに自分の手をきれいに洗ったとしても、その事実は変えられません。
「私には責任がない」というピラトの言葉は、私にはこう聞こえます。「私を責めないでくれ。仕方なかったんだ。私は悪くないんだ」

私たちもピラトと同じようなことをしていないでしょうか。
自分の過ちをなかなか認められず、なんとかして自分を正当化しようとしていないでしょうか。
しかし、そんなことをしても、私たちは決して罪から清められないのです。
どんなに「仕方なかったんだ」と言っても、決して何も変わりません。
では、どうすればいいのでしょう?
私たちは、イエス様の十字架のもとに行くしかないのです。
責任逃れするのではなく、悔い改めて、イエス様のもとに行くのです。
私たちを罪から救うのは、自分を正当化することではありません。
あなたを罪から清めるのは、十字架であなたのために流されたイエス・キリストの血です。

イエス様は、あなたが神様に赦され、受け入れられるために、あなたの罪を背負って十字架にかかられました。
隣人を愛さなかった罪も、神様への不信仰、不誠実も、言葉や行動で犯した罪も、心の中で犯した罪も…全部イエス様が背負ってくださいました。
このことを信じるなら、あなたのすべての罪は赦されます。
赦されるからこそ、私たちは、真剣に自分の心を見つめ、悔い改めていかなければなりません。
ピラトのように「私に責任はない」と言うのではなく、神様の前にも、隣人の前にも、自分の罪を認めていかなければなりません。
そこから、またもう一度、正しく歩んでいくことができるのです。

(泉北ルーテル教会月報「いずみ」3月号 より)

(総督ピラトの前で裁かれるイエス・キリスト)

教会なんでもQ&A

 

(教会なんでもQ&A)

 

交通・アクセス

huruhata_bus_stop

「古畑」バス停(写真右下)

夕暮れに映える泉北ルーテル教会

 

おさそいとおすすめ

 泉北ルーテル教会は、「キリスト教会」です。

 キリスト教会って何だろう? 教会というと何を思い浮かべますか?

 結婚式をするところ? キリスト教の事をやっているところ?

 勿論それもあります。でもそれだけじゃない。

 教会は、「あなたにとって大切なところ」です。「なんで?」と思ったあなた、教会を訪れてみませんか? 教会にアクセスしてみませんか?

 「え? 私はキリスト教徒じゃないし、教会と縁もゆかりもないけれど、行っていいの?」

 はい、大歓迎です。だって、この教会はあなたの教会でもあるのです。教会には喜びがあります。讃美があります。何より平安があります。

 「交通・アクセス」の欄に、教会の場所・連絡先が載っています。 礼拝や集会は、「当教会の礼拝と集会について」の頁に、日時が書かれています。はじめは、メールや電話をしてみるのも良いかもしれません。教会の扉が開いていない時は、同じ敷地の家の扉をノックしてみてください。

 このホームページを見て、「!?」と思ったあなた。一度教会をのぞいてみませんか?

 教会には、あなたにとって良い知らせ(これを福音と言います)がたくさんありますよ。

(中村聡)