教会外観写真

牧師紹介  

 

田畑 淳(たばた あつし)

1982年3月24日生まれ、和歌山県和歌山市出身
1993年5月30日 和歌山ルーテル教会にて受洗
2005年3月 聖和大学人文学部キリスト教学科卒業、教師免許(中学・高校、聖書科)取得
2008年3月 神戸ルーテル神学校卒業、神学修士号(M.Div.)取得
同年4月より 近畿福音ルーテル教会伝道実習生
2012年4月より 泉北ルーテル教会副牧師
2013年4月より 泉北ルーテル教会牧師

(エルサレム郊外の公園で)

物心つく頃から演劇をこよなく愛する。
趣味は、舞台&映画鑑賞、読書、物を書くこと、自然を見ること。
好きなテレビ番組は、吉本新喜劇とNHK大河ドラマ。

好きな聖書の言葉

だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。わたしたちの一時の軽い艱難(かんなん)は、比べものにならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます。 わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。(第二コリント4:16-18)

 

ちょっとひとこと

 

連載・ルーテル教会の信仰 「すべての信徒は祭司」

牧師 田畑 淳

時々、教会で「万人祭司」という言葉を聞くことがあります。ルーテル教会は3つの原則「恵みのみ・信仰のみ・聖書のみ」と共にこの言葉も大切にしてきました。
しかし、実は「万人祭司」という言葉は正しくありません。「万人」ならば「クリスチャンではない人」も含まれることになってしまうからです。
かつて日本語で「万人祭司」と訳された言葉は、ドイツ語では「すべての信徒(信仰者)の祭司性」というような意味です。
今では日本語でも「万人祭司」ではなく「全信徒祭司性」または「全受洗者祭司性」と正しく訳されるようになっています。「性」という言葉から分かるように(制ではない)、これは「性質」なのです。イエス様を信じて、イエス様に結ばれる洗礼を受けた人は、もう「祭司の性質」を持っているのです。
その根拠は聖書にあります。聖書ではこう言われています。
「あなたがた(クリスチャン)は…祭司、聖なる国民、神のものとなった民です」(第一ペトロ2:9より)、「(イエス・キリストが)私たちを…神に仕える祭司としてくださった」(ヨハネの黙示録1:6より。5:10も参照)

中世の教会では、聖職者は一般の信徒たちよりも位が高い「霊的な身分」だと教えられていました。しかし、マルティン・ルターはこれを「巧妙な作り事で偽り」として退け、次のように述べています。
「ただ職務(教会の働き)のため以外には、キリスト者(クリスチャン)の間になんらの差別も存在しない。私たちがひとつの洗礼、ひとつの福音、ひとつの信仰を持ち、私たちが同じキリスト者であるということが一番大切なことである(それ以上の位や身分などない)。というのは、洗礼と福音と信仰だけが私たちをキリスト者にするからである。私たち一人一人が、洗礼によって、祭司として聖別されたのだ」(ルター著「キリスト教界の改善に関して ドイツのキリスト者貴族に宛てて」より)

祭司とは、神様と人々との間に立って、他の人たちのことをとりなす者のことです。
ルターは「祭司であること」とは「他の人々のために、神に祈ることができるということだ」と考えていました(ルター著「キリスト者の自由」より)。
「全信徒祭司性/全受洗者祭司性」とは、クリスチャンはみんな、他の人々のために祈ることができるということなのです。

「大祭司」であるイエス様は、私たちのことをいつも父なる神様にとりなしてくださっています(ローマ8: 34、ヘブライ人への手紙7章)。このイエス様と洗礼によって結ばれた人も、隣人に対しては、いわば「小祭司」なのです。だからこそ、自分のためだけでなく、だれかのために祈るのです。自分が最も苦しい時にも、自分のためではなく他者のために祈られたイエス様(ルカ23:34)のあとに従いましょう。

(泉北ルーテル教会月報「いずみ」1月号 No.424 より)

 

教会なんでもQ&A

 

(教会なんでもQ&A)

 

交通・アクセス

huruhata_bus_stop

「古畑」バス停(写真右下)

夕暮れに映える泉北ルーテル教会

 

おさそいとおすすめ

 泉北ルーテル教会は、「キリスト教会」です。

 キリスト教会って何だろう? 教会というと何を思い浮かべますか?

 結婚式をするところ? キリスト教の事をやっているところ?

 勿論それもあります。でもそれだけじゃない。

 教会は、「あなたにとって大切なところ」です。「なんで?」と思ったあなた、教会を訪れてみませんか? 教会にアクセスしてみませんか?

 「え? 私はキリスト教徒じゃないし、教会と縁もゆかりもないけれど、行っていいの?」

 はい、大歓迎です。だって、この教会はあなたの教会でもあるのです。教会には喜びがあります。讃美があります。何より平安があります。

 「交通・アクセス」の欄に、教会の場所・連絡先が載っています。 礼拝や集会は、「当教会の礼拝と集会について」の頁に、日時が書かれています。はじめは、メールや電話をしてみるのも良いかもしれません。教会の扉が開いていない時は、同じ敷地の家の扉をノックしてみてください。

 このホームページを見て、「!?」と思ったあなた。一度教会をのぞいてみませんか?

 教会には、あなたにとって良い知らせ(これを福音と言います)がたくさんありますよ。

(中村聡)