教会外観写真

牧師紹介  

 

田畑 淳(たばた あつし)

1982年3月24日生まれ、和歌山県和歌山市出身
1993年5月30日 和歌山ルーテル教会にて受洗
2005年3月 聖和大学人文学部キリスト教学科卒業、教師免許(中学・高校、聖書科)取得
2008年3月 神戸ルーテル神学校卒業、神学修士号(M.Div.)取得
同年4月より 近畿福音ルーテル教会伝道実習生
2012年4月より 泉北ルーテル教会副牧師
2013年4月より 泉北ルーテル教会牧師

(エルサレム郊外の公園で)

物心つく頃から演劇をこよなく愛する。
趣味は、舞台&映画鑑賞、読書、物を書くこと、自然を見ること。
好きなテレビ番組は、吉本新喜劇とNHK大河ドラマ。

好きな聖書の言葉

だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。わたしたちの一時の軽い艱難(かんなん)は、比べものにならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます。 わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。(第二コリント4:16-18)

 

ちょっとひとこと

2017年10月。いよいよ宗教改革の開始から500年を迎えました。
当教会では9月10日に神戸ルーテル神学校校長の正木牧人先生をお迎えして「宗教改革500年特別学び会」を行いました。その内容のごく一部をご紹介します。

牧師 田畑 淳

「宗教改革と私たち」 (正木牧人先生の講演より)

1517年10月31日にマルティン・ルターが「95か条の提題」を発表したことによって、宗教改革は始まりました。ルターの宗教改革はまさに世界史的な出来事です。
ルターは、聖書が語るイエス・キリストの救いの知らせ「福音」を伝えました。しかし、当時の教会は彼を受け入れず、最終的にはルターを破門しました。そこから教会は分裂し、ルーテル教会の歩みが始まりました。ルターの働きは「宗教改革」と呼ばれますが、実際は教会だけでなく、家庭や、社会のあり方をも作り変えるものでした。
宗教改革が起こる前は「聖職者だけが神に仕える働きであり、他の仕事は劣っている」と考えられていましたが、ルターはそれを否定し、聖書から「仕事」を考え直していきました。「神様が、人々の様々な仕事・職業・家庭での役割(親としての役割、子としての役割、主婦として役割)などを用いて、他の人々を養い、助けているのだ」とルターは考えました。だから、他の人の益となる仕事や働きは、すべて神様にお仕えする聖なる仕事なのです。
ルターはそのような理解のもと、家庭と社会をより良くしていこうとしました。
神様が私たちに望んでおられるのは、俗世間から離れてどこかに閉じこもって生きることではなく、むしろ、家庭の中で、夫婦や親子が互いに愛し合い、敬い合い、助け合って生きることが、神様の御心なのです。聖書からそう理解したルターは、自分も結婚して新しい家庭を築き、その中で神様の御心に従っていこうと実践しました。

宗教改革によって示されたクリスチャン生活、信仰生活は「ただしくされた者が、ただしく生きる」ということでした。「神様に救っていただくために正しく生きる」のではありません。そんなことはできないのです。むしろその逆です。
聖書は、私たちが「ただ、キリスト・イエスによるあがないのわざ(イエス様の十字架)を通して、神の恵みにより、無償で義とされる」と告げています(ローマ3:24)。
「義とされる」とは、本来は正しくない私たち、義ではない私たちを、神様がイエス様のゆえに「義」とみなしてくださるということです。
父なる神様は、私をご覧になる時、私の罪をいっさい見ないで、イエス様を通して私を見てくださり、イエス様のゆえに「あなたの罪は赦された」「あなたは義である」と言ってくださるのです。
そのようにされているからこそ、私たちも神様のみことばに従っていくのです。みことばの命じる通り、隣人を愛し、家庭やこの世界で、隣人に仕えて生きていくのです。

(泉北ルーテル教会月報「いずみ」10月号 No.410 より)

教会なんでもQ&A

 

(教会なんでもQ&A)

 

交通・アクセス

huruhata_bus_stop

「古畑」バス停(写真右下)

夕暮れに映える泉北ルーテル教会

 

おさそいとおすすめ

 泉北ルーテル教会は、「キリスト教会」です。

 キリスト教会って何だろう? 教会というと何を思い浮かべますか?

 結婚式をするところ? キリスト教の事をやっているところ?

 勿論それもあります。でもそれだけじゃない。

 教会は、「あなたにとって大切なところ」です。「なんで?」と思ったあなた、教会を訪れてみませんか? 教会にアクセスしてみませんか?

 「え? 私はキリスト教徒じゃないし、教会と縁もゆかりもないけれど、行っていいの?」

 はい、大歓迎です。だって、この教会はあなたの教会でもあるのです。教会には喜びがあります。讃美があります。何より平安があります。

 「交通・アクセス」の欄に、教会の場所・連絡先が載っています。 礼拝や集会は、「当教会の礼拝と集会について」の頁に、日時が書かれています。はじめは、メールや電話をしてみるのも良いかもしれません。教会の扉が開いていない時は、同じ敷地の家の扉をノックしてみてください。

 このホームページを見て、「!?」と思ったあなた。一度教会をのぞいてみませんか?

 教会には、あなたにとって良い知らせ(これを福音と言います)がたくさんありますよ。

(中村聡)