教会外観写真

牧師紹介  

 

田畑 淳(たばた あつし)

1982年3月24日生まれ、和歌山県和歌山市出身
1993年5月30日 和歌山ルーテル教会にて受洗
2005年3月 聖和大学人文学部キリスト教学科卒業、教師免許(中学・高校、聖書科)取得
2008年3月 神戸ルーテル神学校卒業、神学修士号(M.Div.)取得
同年4月より 近畿福音ルーテル教会伝道実習生
2012年4月より 泉北ルーテル教会副牧師
2013年4月より 泉北ルーテル教会牧師

(エルサレム郊外の公園で)

物心つく頃から演劇をこよなく愛する。
趣味は、舞台&映画鑑賞、読書、物を書くこと、自然を見ること。
好きなテレビ番組は、吉本新喜劇とNHK大河ドラマ。

好きな聖書の言葉

だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。わたしたちの一時の軽い艱難(かんなん)は、比べものにならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます。 わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。(第二コリント4:16-18)

 

ちょっとひとこと

 

牧師 田畑 淳

今年の1月8日に行われた近畿福音ルーテル教会の新年聖会で、ルター研究所所長の鈴木浩先生が講演をしてくださいました。その一部をご紹介します。

「ルーテル教会としての喜び」 (鈴木 浩先生の講演より)

今回、私(鈴木先生)に与えられた講演テーマは「ルーテル教会としての喜び」です。
501年前、1517年10月31日からマルティン・ルターの改革が始まり、ルーテル教会が誕生しました。
「聖書の福音(喜びの知らせ、という意味)とは何か」があいまいだった時代に、ルターは福音をはっきりと提示したのです。「イエス・キリストの救い」とは何なのか、それがどんなに「喜びの知らせ」であるのかを。
ルターによって、「福音の再発見」と「福音の、深く、厳密な理解」がもたらされました。「ルーテル教会としての喜び」とは、私たちがこの二つのものを受け継いでいるということだと思います。
「福音の再発見」と「福音の厳密な理解」、これを正しく受け継いでいく責任が私たちにはあるのです。ルーテル教会としての喜びは、ルーテル教会としての責任でもあります。
すべての教会は、神の救いの働きのために召されていますが、その中でもとりわけルーテル教会は、ルターが見出した「福音の深い理解」を受け継ぐ喜びと責任があるのです。
私たちが福音を鮮やかに、大胆に語る教会であること、これこそルターを継ぐことです。

神の言葉、聖書の言葉は、すべて、「律法」(これをしなさい、これをしてはいけない、と戒める言葉)と、「福音」(神の愛や救いを告げる言葉)の二種類の言葉によって成り立っている、とルターは考えました。
カール・バルトという神学者は「律法は、最後から一歩手前の神の言葉だ」と言っています。
律法(戒め)は神の言葉なので、真剣に聞くべきですが、それは「最後から一歩手前」であり、律法が「最後の(最終的な)言葉」ではないのです。
むしろ、神の最後の(最終的な)言葉は、福音です。神の律法(戒め)の言葉は、人間の真の姿を明らかにすることで、人間をとことん追い詰めます。
相撲にたとえるなら、律法は人を「土俵際」まで追い詰めるのです。そして、人間が追い詰められた土俵際、まさしくそこで、神の最後の言葉「福音」が登場するのです。
自分自身が神の律法にギリギリまで追い詰められている者で、逃げ場がどこにもないと分かった時に、初めて、福音(喜びの知らせ)が分かるのです。律法のみことばによって自分の姿を知り、自分が土俵際に追い詰められていると気付く時に、「神がその私を憐れんで、救ってくださる」という福音が、本当に「喜びの知らせ」として受け止められるのです。

もし、あなた自身がこの知らせを喜んでいないなら、喜びの知らせを伝えることはできません。福音こそ「神が与えられた最後の(最終的な)言葉」であることを、私たちは礼拝のたびごとに喜びましょう。そのような私たちの姿を他の人々も見ています。周りの人たちはクリスチャンがどう生きるかを見ておられます。
私たちはルターから「福音の深い理解」を受け継いで、福音を喜びながら、証しを続けて参りましょう。

「福音は…信じる者すべてに救いをもたらす神の力だからです」(ローマ1:16)

(泉北ルーテル教会月報「いずみ」6月号 No.418 より)

 

教会なんでもQ&A

 

(教会なんでもQ&A)

 

交通・アクセス

huruhata_bus_stop

「古畑」バス停(写真右下)

夕暮れに映える泉北ルーテル教会

 

おさそいとおすすめ

 泉北ルーテル教会は、「キリスト教会」です。

 キリスト教会って何だろう? 教会というと何を思い浮かべますか?

 結婚式をするところ? キリスト教の事をやっているところ?

 勿論それもあります。でもそれだけじゃない。

 教会は、「あなたにとって大切なところ」です。「なんで?」と思ったあなた、教会を訪れてみませんか? 教会にアクセスしてみませんか?

 「え? 私はキリスト教徒じゃないし、教会と縁もゆかりもないけれど、行っていいの?」

 はい、大歓迎です。だって、この教会はあなたの教会でもあるのです。教会には喜びがあります。讃美があります。何より平安があります。

 「交通・アクセス」の欄に、教会の場所・連絡先が載っています。 礼拝や集会は、「当教会の礼拝と集会について」の頁に、日時が書かれています。はじめは、メールや電話をしてみるのも良いかもしれません。教会の扉が開いていない時は、同じ敷地の家の扉をノックしてみてください。

 このホームページを見て、「!?」と思ったあなた。一度教会をのぞいてみませんか?

 教会には、あなたにとって良い知らせ(これを福音と言います)がたくさんありますよ。

(中村聡)