教会外観写真

牧師紹介  

 

田畑 淳(たばた あつし)

1982年3月24日生まれ、和歌山県和歌山市出身
1993年5月30日 和歌山ルーテル教会にて受洗
2005年3月 聖和大学人文学部キリスト教学科卒業、教師免許(中学・高校、聖書科)取得
2008年3月 神戸ルーテル神学校卒業、神学修士号(M.Div.)取得
同年4月より 近畿福音ルーテル教会伝道実習生
2012年4月より 泉北ルーテル教会副牧師
2013年4月より 泉北ルーテル教会牧師

(エルサレム郊外の公園で)

物心つく頃から演劇をこよなく愛する。
趣味は、舞台&映画鑑賞、読書、物を書くこと、自然を見ること。
好きなテレビ番組は、吉本新喜劇とNHK大河ドラマ。

好きな聖書の言葉

だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。わたしたちの一時の軽い艱難(かんなん)は、比べものにならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます。 わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。(第二コリント4:16-18)

 

ちょっとひとこと

 

連載・ルーテル教会の信仰 「律法と福音 ① 」

牧師 田畑 淳

ルターは、神の言葉(聖書の言葉)はすべて「律法」と「福音」の2種類の言葉に分けられる、と考えました。
この場合の「律法」とは「ユダヤ教の律法」とか「旧約聖書の最初の5つの書」ではありません。ここでの「律法」とは、「これをしなさい」とか「これをしてはいけない」という戒めの言葉のことです。旧約聖書にも新約聖書にも「~しなさい」「~してはいけない」という戒めの言葉が出てきます。それを全部まとめてルターは「律法」と呼びます。

律法・戒めの言葉は、神様の御心を示し、私たちが歩むべき正しい道を指し示しています。たとえば「十戒」は、ただひとりの神を礼拝し、隣人と共に生きていく道を示していますし、イエス様も「~しなさい」という言葉で多くの「戒め」を語っておられます(有名なのは、マタイ5:39、44、ヨハネ15:12など)。
しかし、私たちは「~しなさい」「~してはいけない」というみことばを完璧に守ることができるでしょうか?
むしろ、聖書のみことばに、真剣に従っていこうとすればするほど、「それができない自分」に気づかされるのではないでしょうか。
聖書は、律法(神の戒め)を守り通すことができる人間は一人もいないと言っています。
神様は私たちのすべての罪を見ており、「ひとつの点でおちどがあるなら…有罪となる」のです(ヤコブの手紙2:10)。さらに、たとえ律法を外面的には守っていても、心の中の思いが悪いならそれは「罪」なのです(マタイ5:21~22、27~28参照)。

では、律法は何のためにあるのでしょうか?
聖書は「律法によっては、罪の自覚しか生じない」と語っています(ローマ3:20)。
律法の一番の役割は、「私たちは神の戒めの通りに歩んでいない、神の御心には程遠い」ということを明らかにし、私たちに自分の罪を自覚させることなのです。
私たちは、聖書の中の「これをしなさい」「これをしてはいけない」という言葉(律法)を聞くことによって、「それができない自分」と「自分自身の中に罪の性質がある」ということに気づき、自分に絶望して、自分を救ってくれる他の助けを求めるようになります(ローマ7:20~24参照)。
そこで福音の出番です。
福音(良い知らせ、という意味)は、「そんなあなたのために、救い主イエス・キリストが来てくださった」という知らせです。
神様は罪人の私たちを見捨てないで、救い主を送ってくださり、イエス様の十字架と復活によって、罪の赦しと新しい命が私たちに与えられた…これを伝えるのが福音です。
律法のみことばによって自分の罪を知らされ、自分に絶望した者に、福音はこう語りかけます、「大丈夫。恐れるな。あなたにはイエス・キリストがいてくださる」「キリストがあなたのために死なれた」「あなたの罪は赦された」「神はあなたを愛しておられる」と。

次回は、「律法から福音へ」という順序がなぜ大切なのか、そしてそれが何を生み出すのかについて、お話しします。

(泉北ルーテル教会月報「いずみ」10月号 No.421 より)

 

教会なんでもQ&A

 

(教会なんでもQ&A)

 

交通・アクセス

huruhata_bus_stop

「古畑」バス停(写真右下)

夕暮れに映える泉北ルーテル教会

 

おさそいとおすすめ

 泉北ルーテル教会は、「キリスト教会」です。

 キリスト教会って何だろう? 教会というと何を思い浮かべますか?

 結婚式をするところ? キリスト教の事をやっているところ?

 勿論それもあります。でもそれだけじゃない。

 教会は、「あなたにとって大切なところ」です。「なんで?」と思ったあなた、教会を訪れてみませんか? 教会にアクセスしてみませんか?

 「え? 私はキリスト教徒じゃないし、教会と縁もゆかりもないけれど、行っていいの?」

 はい、大歓迎です。だって、この教会はあなたの教会でもあるのです。教会には喜びがあります。讃美があります。何より平安があります。

 「交通・アクセス」の欄に、教会の場所・連絡先が載っています。 礼拝や集会は、「当教会の礼拝と集会について」の頁に、日時が書かれています。はじめは、メールや電話をしてみるのも良いかもしれません。教会の扉が開いていない時は、同じ敷地の家の扉をノックしてみてください。

 このホームページを見て、「!?」と思ったあなた。一度教会をのぞいてみませんか?

 教会には、あなたにとって良い知らせ(これを福音と言います)がたくさんありますよ。

(中村聡)