教会外観写真

牧師紹介  

 

田畑 淳(たばた あつし)

1982年3月24日生まれ、和歌山県和歌山市出身
1993年5月30日 和歌山ルーテル教会にて受洗
2005年3月 聖和大学人文学部キリスト教学科卒業、教師免許(中学・高校、聖書科)取得
2008年3月 神戸ルーテル神学校卒業、神学修士号(M.Div.)取得
同年4月より 近畿福音ルーテル教会伝道実習生
2012年4月より 泉北ルーテル教会副牧師
2013年4月より 泉北ルーテル教会牧師

(エルサレム郊外の公園で)

物心つく頃から演劇をこよなく愛する。
趣味は、舞台&映画鑑賞、読書、物を書くこと、自然を見ること。
好きなテレビ番組は、大河ドラマと連続テレビ小説。

好きな聖書の言葉

だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。わたしたちの一時の軽い艱難(かんなん)は、比べものにならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます。 わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。(第二コリント4:16-18)

 

ちょっとひとこと

 

「自分ができたことよりも…」

牧師 田畑 淳

ルカによる福音書10章にこんな出来事が記されています。
ある時、イエス様は72人の弟子たちを宣教の旅に遣わされました。
やがて弟子たちは喜びながら帰ってきて、「私たちは人々から悪霊を追い出し、病人を癒しました」とイエス様に報告しました。彼らの言葉には誇らしげな気持ちがあふれていたことでしょう。
そんな弟子たちにイエス様は言われます。
「悪霊があなたがたに服従するからといって、喜んではならない。 むしろ、あなたがたの名が、天に書き記されていることを喜びなさい」(ルカ10章20節)
「名が天に書き記されている」とは「神様が天国の名簿にあなたたちの名前を書いてくださっている」という意味です。
「あなたたちは自分たちができたことを喜んでいてはいけない。むしろ、神様があなたたちの名前を天国の名簿に書いてくださっていることを喜びなさい。神様があなたたちを救おうとしてくださっていることを喜びなさい」…イエス様はそうおっしゃっているのです。
言い換えれば、「自分が、何をできたか」ではなく、「神様が、あなたに何をしてくださったか」を喜びなさい、という意味です。

何かに成功したらだれもが嬉しくなるでしょう。それは悪いことではありません。
でも、自分が何かをできた時に、自分が価値ある存在になったように思うのは危険なことです。
なぜなら、私たちには、何もできない時、自分の無力さを味わう時も、必ずあるからです。「何かができる・できない」ということに価値の基準を置いていると、何もできない時に、まるで自分が価値のない者のように思えてしまいます。
しかし、私たちの価値は、私たちが決めるのではありません。
私たちを造られた神様がお決めになることです。
そして、神様は、あなたのために神の子イエス様をおささげになるほど、あなたを愛してくださっています。
今、イエス様を信じている皆さん。皆さんのお名前も天に書き記されています。
あなたのお名前を神様は天国の名簿にちゃんと書いてくださっています。
なぜなら、あなたの主イエス様が、ご自分の命をささげて、あなたを罪と滅びから救ってくださったからです。私たちが何よりも喜ぶべきなのは、このことです。
自分ができたことよりも、自分に何ができるかよりも、神様がしてくださったこと、そしてイエス様が私たちのためにしてくださったことを喜ぶべきなのです。

自分ができたことを何よりも喜ぶなら、私たちは思い上がって高慢になるか、あるいは失敗した時に「私なんてダメだ」と自分を卑下するか、そのどちらかに陥ってしまうでしょう。
高慢と卑下(自分を劣ったものとして卑しめること)は、まったく違うようでいて、その正体は同じです。どちらも「自分自身にこだわる思い」なのです。
「私はこんなにできた」と自分を誇るのも、「私はダメだ」と自分を卑下するのも、どちらも「自分」にこだわっていて、神様のほうを向いていないのです。
私も、何かができた時に、まるで自分が良い人間になったかのように錯覚して愚かにも自分を誇ったり、逆にできなかったことですごく落ち込んだりすることがあります。そんな私にもイエス様は言われるでしょう。「そうではない!自分ができたことよりも、私があなたのために命をささげて、あなたを救ったことを喜びなさい。私があなたのために十字架にかかったのだから…」と。これこそが「恵み」です。
私たちはこの恵みを何よりも喜ぶなら、思い上がらず、また、ことさらに自分を貶めることもなく、「こんな私だけどイエス様のおかげで救われている!愛されている」と言うことができるのです。
その時、私たちは、自分が成功しようが、失敗しようが、気にすることなく、だれかのためにできること、必要なことをしていくことができるのです。

(泉北ルーテル教会月報「いずみ」7・8月号 より)

 

教会なんでもQ&A

 

(教会なんでもQ&A)

 

交通・アクセス

huruhata_bus_stop

「古畑」バス停(写真右下)

夕暮れに映える泉北ルーテル教会

 

おさそいとおすすめ

 泉北ルーテル教会は、「キリスト教会」です。

 キリスト教会って何だろう? 教会というと何を思い浮かべますか?

 結婚式をするところ? キリスト教の事をやっているところ?

 勿論それもあります。でもそれだけじゃない。

 教会は、「あなたにとって大切なところ」です。「なんで?」と思ったあなた、教会を訪れてみませんか? 教会にアクセスしてみませんか?

 「え? 私はキリスト教徒じゃないし、教会と縁もゆかりもないけれど、行っていいの?」

 はい、大歓迎です。だって、この教会はあなたの教会でもあるのです。教会には喜びがあります。讃美があります。何より平安があります。

 「交通・アクセス」の欄に、教会の場所・連絡先が載っています。 礼拝や集会は、「当教会の礼拝と集会について」の頁に、日時が書かれています。はじめは、メールや電話をしてみるのも良いかもしれません。教会の扉が開いていない時は、同じ敷地の家の扉をノックしてみてください。

 このホームページを見て、「!?」と思ったあなた。一度教会をのぞいてみませんか?

 教会には、あなたにとって良い知らせ(これを福音と言います)がたくさんありますよ。

(中村聡)