教会外観写真

牧師紹介  

 

田畑 淳(たばた あつし)

1982年3月24日生まれ、和歌山県和歌山市出身
1993年5月30日 和歌山ルーテル教会にて受洗
2005年3月 聖和大学人文学部キリスト教学科卒業、教師免許(中学・高校、聖書科)取得
2008年3月 神戸ルーテル神学校卒業、神学修士号(M.Div.)取得
同年4月より 近畿福音ルーテル教会伝道実習生
2012年4月より 泉北ルーテル教会副牧師
2013年4月より 泉北ルーテル教会牧師

(エルサレム郊外の公園で)

物心つく頃から演劇をこよなく愛する。
趣味は、舞台&映画鑑賞、読書、物を書くこと、自然を見ること。
好きなテレビ番組は、吉本新喜劇とNHK大河ドラマ。

好きな聖書の言葉

だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。わたしたちの一時の軽い艱難(かんなん)は、比べものにならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます。 わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。(第二コリント4:16-18)

 

ちょっとひとこと

 

牧師 田畑 淳

「もしキリストが復活しなかったなら」

イースター、私たちの主のご復活、おめでとうございます。
イエス様の十字架とご復活こそ、私たちの信仰の要(かなめ)です。
イエス様の復活から約25年後、使徒パウロはこのように書きました。
「最も大切なこととして私があなたがたに伝えたのは、私も受けたものです。すなわち、キリストが…わたしたちの罪のために死んだこと、葬られ…三日目に復活したこと、ケファ(ペトロの別名)に現れ、その後十二人(の弟子たち)に現れたことです。次いで、五百人以上もの兄弟たち(クリスチャンの兄弟姉妹たち)に同時に現れました。そのうちの…大部分は、今なお生き残っています」(第一コリント15:3~6)

さらにパウロはこう語ります。
「もしキリストが復活しなかったのなら、わたしたちの宣教は無駄であるし、あなたがたの信仰も無駄です」(同14節)
イエス様の復活がなかったら、信仰には何の意味もない、ということになるのです。
イエス様が復活し、今も生きておられるからこそ、私たちの信仰には意味があるのです。
もしイエス様の復活がなかったら、罪の赦しも永遠の命もないのです(17~18節参照)。
イエス様が今おられなかったら、私たちはただ自分の罪に圧し潰されているだけです。
自分のことが嫌になりながら、でも、どうすることもできずに罪を重ねているだけ…
そして最後はむなしく死を迎え、滅びるだけです。もし復活がなかったなら。
「しかし、実際、キリストは、死者の中から復活」されたのです(20節)。
この「復活」という言葉は、もとの言葉では現在完了形で「復活して、今も生きている」という意味です。
イエス様が復活し、今も生きておられるからこそ、今の私たちにも救いがあるのです。
イエス様は、今も生きておられるので、この私たちにも、赦しと、新しい命を、天国を、与えることができるのです。
イエス様は今、私たちに、このように言っておられるのではないでしょうか。
「あなたはもう赦されたよ。あなたが神様に受け入れられるために、私があなたの罪を全部、背負って、十字架にかかった。あなたが死ぬべき『死』を取り除いた。もう大丈夫だ。罪と死の力もあなたを滅ぼすことはできない。私があなたを確かに贖ったのだから」
イエス様は今、そう言われるでしょう。私たちはそれを信じるだけです。
「こんな愚かで小さな私を、イエス様は自分の命を代償にして救ってくださった」と信じるのです。

第一コリント15章1節では、イエス様の救いのメッセージが「あなたがたが…生活のよりどころとしている福音」と呼ばれています。
イエス様を信じることは、私たちの生きるよりどころです。本当に主が復活し、生きておられるから、私たちの信仰は無駄ではないし、私たちの人生も無駄ではないのです。いつか天国へ行く日まで、信仰を「生きるよりどころ」として参りましょう。

(泉北ルーテル教会月報「いずみ」4月号 No.416 より)

牧師館の庭のサクランボの花

 

教会なんでもQ&A

 

(教会なんでもQ&A)

 

交通・アクセス

huruhata_bus_stop

「古畑」バス停(写真右下)

夕暮れに映える泉北ルーテル教会

 

おさそいとおすすめ

 泉北ルーテル教会は、「キリスト教会」です。

 キリスト教会って何だろう? 教会というと何を思い浮かべますか?

 結婚式をするところ? キリスト教の事をやっているところ?

 勿論それもあります。でもそれだけじゃない。

 教会は、「あなたにとって大切なところ」です。「なんで?」と思ったあなた、教会を訪れてみませんか? 教会にアクセスしてみませんか?

 「え? 私はキリスト教徒じゃないし、教会と縁もゆかりもないけれど、行っていいの?」

 はい、大歓迎です。だって、この教会はあなたの教会でもあるのです。教会には喜びがあります。讃美があります。何より平安があります。

 「交通・アクセス」の欄に、教会の場所・連絡先が載っています。 礼拝や集会は、「当教会の礼拝と集会について」の頁に、日時が書かれています。はじめは、メールや電話をしてみるのも良いかもしれません。教会の扉が開いていない時は、同じ敷地の家の扉をノックしてみてください。

 このホームページを見て、「!?」と思ったあなた。一度教会をのぞいてみませんか?

 教会には、あなたにとって良い知らせ(これを福音と言います)がたくさんありますよ。

(中村聡)