教会外観写真

牧師紹介  

 

田畑 淳(たばた あつし)

1982年3月24日生まれ、和歌山県和歌山市出身
1993年5月30日 和歌山ルーテル教会にて受洗
2005年3月 聖和大学人文学部キリスト教学科卒業、教師免許(中学・高校、聖書科)取得
2008年3月 神戸ルーテル神学校卒業、神学修士号(M.Div.)取得
同年4月より 近畿福音ルーテル教会伝道実習生
2012年4月より 泉北ルーテル教会副牧師
2013年4月より 泉北ルーテル教会牧師

(エルサレム郊外の公園で)

物心つく頃から演劇をこよなく愛する。
趣味は、舞台&映画鑑賞、読書、物を書くこと、自然を見ること。
好きなテレビ番組は、吉本新喜劇とNHK大河ドラマ。

好きな聖書の言葉

だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。わたしたちの一時の軽い艱難(かんなん)は、比べものにならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます。 わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。(第二コリント4:16-18)

 

ちょっとひとこと

 

メッセージ 「どんな禍(わざわい)の中でも」

(2020年12月24日の説教より)

牧師 田畑 淳

今から2千年前、世界で初めのクリスマスの夜、天使はこう告げました。

「あなたがたのために、救い主がお生まれになった」(ルカによる福音書2:11)

この「あなたがたのために」という言葉を、私たちは「この私のために」と受け取りましょう。そう受け取ってよいのです。救い主、私たちを救ってくださる方が、私たちのために、あなたのために生まれたのです。

 

2020年より、新型コロナウイルスが私たちの生活と多くの方の人生に、多大な影響を及ぼしました。いつの頃からか、このウイルスによる危機的状況を「コロナ禍」と呼ぶようになりました。

「コロナ禍」の「禍」は「わざわい」を意味します。確かにこの感染症の流行は、様々なわざわい、不幸な出来事を引き起こしてきました。その中で、苦しみ、傷つき、生きる力を失いかけている方もおられるでしょう。私たちは恐れと不安の中にいます。

このような私たちのために、イエス様はお生まれになったのです。

禍(わざわい)の中にいる私たちのためにも。 イエス様は神の子であり、この世が造られる前から父なる神様と共におられた方です(ヨハネによる福音書1章参照)。

そのような方が、人間になって、この世界に来たのです。私たちが神様にゆるされ、受け入れられ、神様の子どもとなるために。私たちが、いつまでも神様の愛の中で生きるために。

イエス様は、生まれた時、家畜が餌を食べる飼い葉桶に寝かされました。 聖書は「宿屋には、彼らの…場所がなかった」と言っています(ルカ2:7)。

イエス様は生まれた時から「場所がない」という悲しみ、人から見捨てられる悲しみを知っておられたのです。

その後、イエス様はどんな人生を送られたでしょうか?

30歳くらいまで、イエス様は大工として働かれたようです。そして30歳頃から、国中を巡り、人々に教えを説くようになりました。神の子としての力を持っておられたので、病人を癒す奇跡を起こされることもありました。

しかし、同時にイエス様は、人間としての弱さも持っておられました。聖書には、イエス様には疲れることもあったし、悲しむことも、悩んだり迷ったりすることもあったと、はっきり書かれています。

イエス様は、本当に悲しい時には人々の前で涙を流されました。

十字架につけられる前の晩には、イエス様は恐れて、悩み苦しみました。その時、イエス様は、自分がどんなに苦しんでいるかを親しい人々に打ち明け、「ここを離れないで、私と一緒に祈ってくれ」と頼んだのです(マルコによる福音書14:32~34)。

イエス様は、神に等しい方でありながら、同時に、このような弱さも持っておられました。疲れも、恐れも、迷いも、悲しみも、そして孤独も、イエス様は知っておられます。

このようなイエス様だからこそ、私たちの弱さも知っていてくださるのです。 あなたの弱さ、あなたの恐れ、あなたの不安、あなたの涙…あなたの苦しみと悲しみをイエス様は分かってくださいます。なぜなら、イエス様は、私たちと同じ人間になられたからです。

 

「イエスは…すべての点で兄弟たちと同じようにならねばならなかったのです。事実、ご自身、試練を受けて苦しまれたからこそ、試練を受けている人たちを助けることがおできになるのです」(ヘブライ人への手紙2:17~18)

このようなイエス様が、今、あなたと共におられます。

あなたが迷ったり、疲れたり、泣いたり、恐れたりしている、その時も…あなたのために生まれた方が、あなたと共におられます。

どんな禍(わざわい)の中でも、あなたは決して一人ではありません。

(泉北ルーテル教会月報「いずみ」12月号 より)

 

教会なんでもQ&A

 

(教会なんでもQ&A)

 

交通・アクセス

huruhata_bus_stop

「古畑」バス停(写真右下)

夕暮れに映える泉北ルーテル教会

 

おさそいとおすすめ

 泉北ルーテル教会は、「キリスト教会」です。

 キリスト教会って何だろう? 教会というと何を思い浮かべますか?

 結婚式をするところ? キリスト教の事をやっているところ?

 勿論それもあります。でもそれだけじゃない。

 教会は、「あなたにとって大切なところ」です。「なんで?」と思ったあなた、教会を訪れてみませんか? 教会にアクセスしてみませんか?

 「え? 私はキリスト教徒じゃないし、教会と縁もゆかりもないけれど、行っていいの?」

 はい、大歓迎です。だって、この教会はあなたの教会でもあるのです。教会には喜びがあります。讃美があります。何より平安があります。

 「交通・アクセス」の欄に、教会の場所・連絡先が載っています。 礼拝や集会は、「当教会の礼拝と集会について」の頁に、日時が書かれています。はじめは、メールや電話をしてみるのも良いかもしれません。教会の扉が開いていない時は、同じ敷地の家の扉をノックしてみてください。

 このホームページを見て、「!?」と思ったあなた。一度教会をのぞいてみませんか?

 教会には、あなたにとって良い知らせ(これを福音と言います)がたくさんありますよ。

(中村聡)