教会外観写真

牧師紹介  

 

田畑 淳(たばた あつし)

1982年3月24日生まれ、和歌山県和歌山市出身
1993年5月30日 和歌山ルーテル教会にて受洗
2005年3月 聖和大学人文学部キリスト教学科卒業、教師免許(中学・高校、聖書科)取得
2008年3月 神戸ルーテル神学校卒業、神学修士号(M.Div.)取得
同年4月より 近畿福音ルーテル教会伝道実習生
2012年4月より 泉北ルーテル教会副牧師
2013年4月より 泉北ルーテル教会牧師

(エルサレム郊外の公園で)

物心つく頃から演劇をこよなく愛する。
趣味は、舞台&映画鑑賞、読書、物を書くこと、自然を見ること。
好きなテレビ番組は、吉本新喜劇とNHK大河ドラマ。

好きな聖書の言葉

だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。わたしたちの一時の軽い艱難(かんなん)は、比べものにならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます。 わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。(第二コリント4:16-18)

 

ちょっとひとこと

 

メッセージ 「もう一度、歩み始めよう」

牧師 田畑 淳

イエス様には、男性の弟子たちと女性の弟子たちがいました。
イエス様が十字架につけられた時、男性の弟子たちはみんな逃げてしまいました。女性の弟子たちはイエス様の死を「遠くから見守って」いました(マルコ15章40節)。
イエス様が死んでいかれるのに、私たちは何もできない…ただ、遠くから見ているしかできない…そう思っていたのでしょう。
日曜の朝、イエス様の墓へ行く時にも、彼女たちは自分たちの無力さを感じていました。
彼女たちは墓へ向かいながら、「だれが墓の入り口から、あの石(墓の入り口をふさぐ石)を転がしてくれるでしょうか?」と話し合っていました(16章3節)。
墓をふさぐ石は、自分たちではとても動かせない…だれかが助けてくれなければ、私たちは何もできない…そう分かっていながら、それでも行かずにはいられなかったのです。
私たちもそのような時がないでしょうか。
自分の無力さを感じながら、それでも進んで行かなくてはならない…あるいは、これまでの自分の数々の過ちを思い出し、罪悪感に苦しみながら、それでも生きていかざるを得ない…そんな時が。
2千年前、最初のイースターの朝、イエス様の弟子たちはそんな気持ちだったのです。

女性の弟子たちは、墓で何を見たでしょうか?
墓をふさいでいた大きな石がどけられており、入り口は開いていたのです。
そこにいた天使が彼女たちにこう告げます。
「あなたがたは十字架につけられたナザレのイエスを捜しているが、あの方は復活なさって、ここにはおられない。さあ、行って、弟子たちとペトロに告げなさい。『あの方は、あなたがたより先にガリラヤへ行かれる。…そこでお目にかかれる』と」(6~7節)
ガリラヤ(イスラエル北部の地方)は、弟子たちがイエス様と初めて出会った場所です。彼らはガリラヤでイエス様から「私について来なさい」と声をかけられ、弟子になったのです。その場所へ、イエス様は弟子たちより先に行かれる…。
この7節の言葉は、言い換えれば「もう一度、イエス様について行きなさい」ということだと思います。
「イエス様は立ち上がって、あなたたちの先を進んで行かれるから、そのあとについて行きなさい。もう一度、イエス様に従いなさい」

弟子たちはみんな、イエス様に従うことに失敗し、挫折しました。
弟子の一人ペトロは、捕まりそうになった時、3度も「私はイエスの弟子ではない」と言ってしまいました。その後、彼は自分のしたことを悔いて激しく泣いたのです。
そんな弟子たちに、イエス様は天使を通して「もう一度、私に従いなさい」と言われたのです。
無力な者、弱い者に、自分の罪深さを悲しみ、嘆くしかない者に…この私たち一人一人に、イエス様は言われます。
「また私についてきなさい。もう一度、歩み始めよう!私と一緒に生きよう」
復活されたイエス様が、聖書を通して私たちにもそう言われます。

イエス様の十字架の死は、私たちの罪のゆるしのためでした。
この「ゆるし」は、ただ過ちを赦すだけではなく、つまずいた者、無力な者でも、新しく歩み出すことを許す「ゆるし」でもあるのです。
このゆるしがあるから、私たちは絶望しないで新しい一歩を踏み出すことができるのです。主イエス様を信頼し、今日からまた主と共に歩き始めましょう。

(泉北ルーテル教会月報「いずみ」4月号 より)

 

教会なんでもQ&A

 

(教会なんでもQ&A)

 

交通・アクセス

huruhata_bus_stop

「古畑」バス停(写真右下)

夕暮れに映える泉北ルーテル教会

 

おさそいとおすすめ

 泉北ルーテル教会は、「キリスト教会」です。

 キリスト教会って何だろう? 教会というと何を思い浮かべますか?

 結婚式をするところ? キリスト教の事をやっているところ?

 勿論それもあります。でもそれだけじゃない。

 教会は、「あなたにとって大切なところ」です。「なんで?」と思ったあなた、教会を訪れてみませんか? 教会にアクセスしてみませんか?

 「え? 私はキリスト教徒じゃないし、教会と縁もゆかりもないけれど、行っていいの?」

 はい、大歓迎です。だって、この教会はあなたの教会でもあるのです。教会には喜びがあります。讃美があります。何より平安があります。

 「交通・アクセス」の欄に、教会の場所・連絡先が載っています。 礼拝や集会は、「当教会の礼拝と集会について」の頁に、日時が書かれています。はじめは、メールや電話をしてみるのも良いかもしれません。教会の扉が開いていない時は、同じ敷地の家の扉をノックしてみてください。

 このホームページを見て、「!?」と思ったあなた。一度教会をのぞいてみませんか?

 教会には、あなたにとって良い知らせ(これを福音と言います)がたくさんありますよ。

(中村聡)