教会外観写真

牧師紹介  

 

田畑 淳(たばた あつし)

1982年3月24日生まれ、和歌山県和歌山市出身
1993年5月30日 和歌山ルーテル教会にて受洗
2005年3月 聖和大学人文学部キリスト教学科卒業、教師免許(中学・高校、聖書科)取得
2008年3月 神戸ルーテル神学校卒業、神学修士号(M.Div.)取得
同年4月より 近畿福音ルーテル教会伝道実習生
2012年4月より 泉北ルーテル教会副牧師
2013年4月より 泉北ルーテル教会牧師

(エルサレム郊外の公園で)

物心つく頃から演劇をこよなく愛する。
趣味は、舞台&映画鑑賞、読書、物を書くこと、自然を見ること。
好きなテレビ番組は、吉本新喜劇とNHK大河ドラマ。

好きな聖書の言葉

だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。わたしたちの一時の軽い艱難(かんなん)は、比べものにならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます。 わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。(第二コリント4:16-18)

 

ちょっとひとこと

 

「アドベントの意味」

牧師 田畑 淳

今年も待降節(アドベント)を迎えました。教会の1年の歩みは待降節から始まります。待降節第1主日礼拝では、毎年必ず教会讃美歌1番を歌うことにしています。この讃美歌を歌うと、私はある思い出がよみがえってきます。子どもの頃、和歌山ルーテル教会の教会学校で降誕劇をしたのですが、劇の初めにこの歌をみんなで歌ったのです。
「今こそ来ませ この世のために マリアに宿る 神の子イエスよ♪」
この世のため、すべての人のために、神の子イエス様がマリアに宿って、この世に来られた…この讃美歌を歌うと、そのことがずしんと胸に響きます。

ところで、私は「待降節」より「アドベント」という呼び方のほうが好きです。
「アドベント」とは、ラテン語の「やって来る、近づいてくる」という意味の言葉に由来します。「アドベンチャー」(冒険)も、この言葉から生まれました。
アドベントは、イエス様が「やって来る」のを待ち望み、備える時なのです。
イエス様は2千年前に、人となってこの世界にやって来ただけではなく、今、この私たちの心の中にもやって来てくださいます。さらに、イエス様は世の終わりの時、目に見える姿でもう一度、この世に来られます。アドベントは、クリスマスに備えるだけではなく、「イエス様が、もう一度、この世に来られる」ということを覚える時期でもあるのです。
なぜ私たちは、イエス様が来られることを待ち望むのでしょう?
それは、イエス様が再び来られる時、救いが完成するからです。
聖書は「私たちが天国へ行く」ということだけでなく、「天国(神の国)が、こちらへ、来る」と語っています。礼拝で祈る「主の祈り」でも「御国が来ますように」と祈ります。
この世に神の国が来る…それが、神様の救いのみわざを締めくくるものです。
その時、世界はすべてが新しくされ、「神が人と共に住み…神は自ら人と共にいて…彼らの目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない」新しい世界になるのです(ヨハネの黙示録21:3~5より)。
そのような世界をもたらすために、イエス様は来られるのです。

イエス様は言われました。「その日、その時は、だれも知らない。天使たちも、子(神の子イエス様)も知らない。ただ、父だけ(父なる神様)がご存じである。…だから、あなたがたも用意していなさい」(マタイ24章36、44節)
私たちがすべき用意は、いつもイエス様を信じる信仰を持って生きることです。
このアドベントの時期、私たちは、イエス様が私たちの救いのために来てくださったこと、また、いつか世界の救いのために必ず来られることを思いつつ、過ごしましょう。

そして、12月22日から24日までに行われるクリスマスの諸集会に、ぜひお越しください。「やって来る」イエス様の恵みを、ご一緒に喜び祝いましょう。

(泉北ルーテル教会月報「いずみ」12月号 No.434 より)

(写真:アドベントの礼拝堂)

教会なんでもQ&A

 

(教会なんでもQ&A)

 

交通・アクセス

huruhata_bus_stop

「古畑」バス停(写真右下)

夕暮れに映える泉北ルーテル教会

 

おさそいとおすすめ

 泉北ルーテル教会は、「キリスト教会」です。

 キリスト教会って何だろう? 教会というと何を思い浮かべますか?

 結婚式をするところ? キリスト教の事をやっているところ?

 勿論それもあります。でもそれだけじゃない。

 教会は、「あなたにとって大切なところ」です。「なんで?」と思ったあなた、教会を訪れてみませんか? 教会にアクセスしてみませんか?

 「え? 私はキリスト教徒じゃないし、教会と縁もゆかりもないけれど、行っていいの?」

 はい、大歓迎です。だって、この教会はあなたの教会でもあるのです。教会には喜びがあります。讃美があります。何より平安があります。

 「交通・アクセス」の欄に、教会の場所・連絡先が載っています。 礼拝や集会は、「当教会の礼拝と集会について」の頁に、日時が書かれています。はじめは、メールや電話をしてみるのも良いかもしれません。教会の扉が開いていない時は、同じ敷地の家の扉をノックしてみてください。

 このホームページを見て、「!?」と思ったあなた。一度教会をのぞいてみませんか?

 教会には、あなたにとって良い知らせ(これを福音と言います)がたくさんありますよ。

(中村聡)