教会外観写真

牧師紹介  

 

田畑 淳(たばた あつし)

1982年3月24日生まれ、和歌山県和歌山市出身
1993年5月30日 和歌山ルーテル教会にて受洗
2005年3月 聖和大学人文学部キリスト教学科卒業、教師免許(中学・高校、聖書科)取得
2008年3月 神戸ルーテル神学校卒業、神学修士号(M.Div.)取得
同年4月より 近畿福音ルーテル教会伝道実習生
2012年4月より 泉北ルーテル教会副牧師
2013年4月より 泉北ルーテル教会牧師

(エルサレム郊外の公園で)

物心つく頃から演劇をこよなく愛する。
趣味は、舞台&映画鑑賞、読書、物を書くこと、自然を見ること。
好きなテレビ番組は、吉本新喜劇とNHK大河ドラマ。

好きな聖書の言葉

だから、わたしたちは落胆しません。たとえわたしたちの「外なる人」は衰えていくとしても、わたしたちの「内なる人」は日々新たにされていきます。わたしたちの一時の軽い艱難(かんなん)は、比べものにならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます。 わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。(第二コリント4:16-18)

 

ちょっとひとこと

 

牧師 田畑 淳

「悲しむ者のためにも主は生まれた」

12月24日のクリスマス礼拝で聖歌隊が特別讃美をしてくださいます。今回はマルティン・ルターが作詞したクリスマス讃美歌を歌って頂きます。宗教改革500年の年を締めくくるのにふさわしい歌だと思います。
この歌はルーテル教会の歌集「教会讃美歌」にも収録されていますが(23番)、今回は、ルター研究家の徳善義和先生が新しく訳された歌詞を先生のご厚意で使わせて頂きます。
この歌は、空から来た天使が「あなたがたのために救い主が生まれた。この方が みんなを罪からきよめてくださる」と歌い、それを聞いた人々が喜び祝うという物語の形で作られています。

もともとルターはこれを、1534年に、家で自分の子どもたちと一緒に歌うために作ったようです。当時、マルティン・ルターとカタリーナ夫妻の間には、8歳と5歳と3歳と1歳の子どもと、生後1週間の赤ちゃんがいました。そんな小さな子どもたちと楽しくクリスマスを祝うための歌なので、徳善先生はこの歌をとてもかわいらしい歌詞に翻訳しておられます。
おそらく、ルター一家は毎年クリスマスになると必ずこの歌を家族みんなで歌ってきたのでしょう。しかし、1542年9月、ルターの娘の一人マグダレーナが13歳で病死します。
それから3か月後、その年もクリスマスが巡ってきました。しかし、マグダレーナを失ったルター一家は、毎年歌ってきたあのクリスマスの歌を歌うことができませんでした。
その代わり、ルターはその年のクリスマスに、新しい讃美歌を作詞しました。このような歌詞です。

御子、救い主イエス・キリストが、私たちと同じになってお生まれになった。
主こそ、私のほんとの兄弟。
罪も、死も、何ができよう。真の神が私の味方。
主はあなたを見捨てない。
たとえ試練が襲っても、この方にのみゆだねよう

娘を失った深い悲しみの中で、ルターは「私たちの兄弟となって、私たちのために生まれたイエス・キリスト」に慰めを見出していたのです。

最初のクリスマスの夜、天使は羊飼いたちにこう告げました。
「今日…あなたがたのために、救い主がお生まれになった」(ルカ2章11節より)
愛娘を失った悲しみの中で1542年のクリスマスを迎えたルターのように、涙を流しながらクリスマスを迎えなければならないこともあるでしょう。
しかし、悲しむ者のためにも、主イエス様は人間となってこの世に来てくださったのです。主は、私たちの弱さと苦しみを分かち合う「私のほんとの兄弟」になってくださったのです。

※今回ご紹介した歌とその背景については、徳善義和先生のご著書「マルチン・ルター 生涯と信仰」(教文館)の第9章と「ルターと賛美歌」(日本キリスト教団出版局)の第13章に詳しく記されています。

(泉北ルーテル教会月報「いずみ」12月号 No.412 より)

教会なんでもQ&A

 

(教会なんでもQ&A)

 

交通・アクセス

huruhata_bus_stop

「古畑」バス停(写真右下)

夕暮れに映える泉北ルーテル教会

 

おさそいとおすすめ

 泉北ルーテル教会は、「キリスト教会」です。

 キリスト教会って何だろう? 教会というと何を思い浮かべますか?

 結婚式をするところ? キリスト教の事をやっているところ?

 勿論それもあります。でもそれだけじゃない。

 教会は、「あなたにとって大切なところ」です。「なんで?」と思ったあなた、教会を訪れてみませんか? 教会にアクセスしてみませんか?

 「え? 私はキリスト教徒じゃないし、教会と縁もゆかりもないけれど、行っていいの?」

 はい、大歓迎です。だって、この教会はあなたの教会でもあるのです。教会には喜びがあります。讃美があります。何より平安があります。

 「交通・アクセス」の欄に、教会の場所・連絡先が載っています。 礼拝や集会は、「当教会の礼拝と集会について」の頁に、日時が書かれています。はじめは、メールや電話をしてみるのも良いかもしれません。教会の扉が開いていない時は、同じ敷地の家の扉をノックしてみてください。

 このホームページを見て、「!?」と思ったあなた。一度教会をのぞいてみませんか?

 教会には、あなたにとって良い知らせ(これを福音と言います)がたくさんありますよ。

(中村聡)